HOME > 組織と事業 > 会長あいさつ
組織と事業

会長あいさつ

山梨県医師会のホームページにようこそお越しいただき、ありがとうございます。
会長の今井立史です。
私は、2016年6月に会長に就任し、4期目を迎えました。この間、懸案でありました新会館建設と移転、県民の日での健康相談の開催や市民講座の開催など「開かれた医師会」に向けての取り組みなどに力を注いでまいりました。
今は、新型コロナウイルス感染症対策に懸命に取り組んでおります。ワクチンや治療薬が開発されるまで、長い戦いになると思いますが、県民の皆様のご協力を頂きながら、この国難ともいうべき事態を乗り越えてまいりたいと思います。
さて、県医師会は、1947(昭和22)年11月に設立して以来、医療の専門家集団として県民の健康保持増進を図ることを目的に活動しています。
日々の診療活動はもちろん、複数回にわたる乳児健診や生後2か月からスタートする各種予防接種に、児童・生徒の健康と安全を守る学校医、働く人の健康管理等を行う職場の産業医、地域保健としての運動指導を行うスポーツ健康医として、また、万が一のときの救急医として、さらには介護から看取りまで、文字通りオギャーと産声をあげた日から人生の最期の時まで、皆様の一生に寄り添っているといっても過言ではありません。
こうした診療活動のほかにも、インフルエンザなど様々な感染症の流行状況の調査・報告、災害時でも必要な医療提供ができるようJMAT(日本医師会災害医療チーム)の編成・派遣、最新の医療を提供するため日進月歩の医療進歩に合わせての学習など、普段気付かないところで県民の皆様の健康を守るために日夜頑張っております。
今回の新型コロナウイルス感染症でも、新型コロナウイルスに直接と向かい合う一方で、感染予防対策を実施するなど日々の診療が平穏無事に行われるように努めてきました。
このように、県民の皆様の健康を守るため医療提供体制を維持・発展していくことが医師会の重要な役割です。
今、国の財政状況など医療を取り囲む環境は、厳しさを増しております。こうした状況にあっても県民の皆様に安心を与える医療提供体制を維持していくためには、皆様の医師会活動へのご理解が欠かせません。このウェブサイトがその一助になれば幸いです。
結び、これからも県民の皆様ともに歩む医師会を目指し努力してまいりますので、県民の皆様も忌憚のないご意見、ご要望をお寄せください。